ベビーシッターになるために

バナー

ベビーシッターになるために

ベビーシッターになるために、特別な資格などは必要ありません。

保育士などは、幼稚園教諭のように、専門学校、短大、大学などを出ていなくても、ベビーシッターだと名乗ってしまえば、仕事はできます。

しかし、そこが子供を預けるご両親からすると一番不安なところです。



大切なわが子を、資格も、保育の知識も持っていない、素人に預けることになる場合もあるわけですから。


ご両親の視点で考えると、保育士などの資格を持っている方に預けたくなるのは当然です。

そこで、保育士資格などは持っていないが、仕事をしたい方のための民間の認定試験があります。

民間保育サービス協会の「認定ベビーシッター資格」です。

これを持っていると、子供を預ける側も安心して預けることができます。

もちろん、保育士や、なにかあった時にも対応できる、看護師の資格などがあると、より安心してもらえるのは言うまでもありません。

ベビーシッターには、まず、子供が好きなことが求められます。

子供を守る責任感も必要ですね。



ただ甘やかすだけではだめですから。子供の健康を考えるご両親のからすれば、非喫煙者であることも重要です。

女性の社会進出が進み、核家族化も進んでいますので、ご両親が共働きのご家庭はこれからも増えていくと思われます。

近所に、子供を預けることができる祖父母が住んでいない場合も多くなっていくと思われますので、ベビーシッターの需要はますます増えていくと思います。
ご興味のある方は、チャレンジしてみてください。



人に感謝されるいい仕事だと思います。