今後のベビーシッターの可能性とは

バナー

今後のベビーシッターの可能性とは

多くの地域で、待機児童の多さが問題となっています。

女性の社会進出を阻むのは、こうした保育のシステムができていないことにあるといえます。



一見待機児童はいないと思われる地域でも、もし預け先があれば働きたいという女性もいるかもしれません。

この問題に対しては早急な手当てが必要になります。
これはこの先大きな問題となっていきます。


今後、日本は労働者不足の状態になるといわれています。

男性ばかりではなく、女性も社会の第一線で活躍することが当たり前になっていくでしょう。



そうなると、子供を持つことをあきらめざるを得なくなることもあります。



それが少子化を進め、さらに労働者不足の状態へと進めて行ってしまうことになるのです。


仕事をつづけながら子育てをすることは大変な苦労を伴います。


保育園が見つからないというだけではなく、保育園に預けられても、お迎えの時間が決まっているので残業などに対応できないこともあります。

そういった状態ではバリバリ働くという事は難しいでしょう。

そこで、その人にあわせて必要な保育を組み立てていく必要があり、そこでベビーシッターが重要な役割を果たします。

勤務時間が一般的でない仕事であってもベビーシッターを利用することで保育を受けやすくなるでしょう。

これからはこういったニーズがますます大きくなってくると予想されるため、ベビーシッターは今後社会の中で重要度を増していく仕事ということができるでしょう。