ベビーシッターの役割

バナー

ベビーシッターの役割

ベビーシッターの仕事は単純に子供の世話をするというものだけではありません。
もちろん仕事の内容としては子供の世話ではあるのですが、そこには大きな役割があります。



なぜなら、子供の世話というのは子供の衣食住の世話をするだけではなく、子供の人格形成に大きな影響を与えるからです。

子育てのサポートをする仕事ということから、子供にとっては両親以外で生活の中で深く関わる人間となります。



幼児期の子供はあらゆることが初めての体験となり、その経験をスポンジのように吸収していくため、ベビーシッターの接し方や考え方なども知らない間に身に着けていくこととなるのです。

このようなことから、ベビーシッターの存在が良くも悪くも子どもの人生に大きく関わってくるといえるのです。
また子供だけではなく、保護者の方にとっても子育てのストレスを軽減するという大きな役割を持っています。

核家族化がすすむ昨今は、昔と違って誰かに子どもをみてもらうことが難しかったり、子育ての悩みを打ちあけられる場所がないことで、親にとっては楽しい子育てに精神的なプレッシャーがかかることが珍しくありません。

ベビーシッターは、その仕事柄、子育てのトラブルや悩みを解決するための知識を持っており、様々な面からサポートすることができますので、そうした見えない負担を軽減する役割を担うことができるのです。
このようにベビーシッターはただ子供の世話をするだけではなく、その子供が将来どのような大人になるのかといった人格形成を担ったり、両親の子育てをサポートしたりと大きな役割をもっているのです。