ベビーシッターに頼ってみましょう

バナー

ベビーシッターに頼ってみましょう

ベビーシッターというと、マイナスなイメージを持っていないでしょうか。「ママなんだから、子供の面倒を見るのは当たり前」とか「ママが放ったらかしにしておいたら子供がかわいそう」とかいう声もよく聞きます。

実際、働くママさんを見ると、どんなに仕事を抱えていても、どれだけ忙しくしていようと、お迎えがあるので絶対に残業はできないし、子供の体調が優れないと会社にすぐ電話がかかってきて、早退をしなければいけません。

でも、世界に目を向けて見るとどうでしょう?欧米ではシッターを雇うのはもちろんのこと、アジアの中でも、香港やシンガポールでは当たり前の光景です。



まして、待機児童が社会的問題になり、保育園に子供を預けるのも夢となっている今、ベビーシッターに子育てを手伝ってもらうことはプラスになることです。

ベビーシッターに子供の面倒を見てもらっている間、パパとママは仕事に打ち込んだり、たまには二人だけのロマンチックなデートを楽しんだり。
そうしてパパとママが生き生きして家に帰ってくると、子供と過ごす時間の質も格段に良くなると思いませんか。



信頼できるベビーシッターと一緒に子育てをし、自分たちも一緒に成長する。



頼れる部分は思い切って人に頼ることで、自分の時間が何倍にもなりますし、心の余裕も生まれてきます。
偏見にとらわれることなく、信頼できるベビーシッターと良い関係を築き、質の高い子育てをしてみてはいかがでしょうか。