ベビーシッターの仕事内容

バナー

ベビーシッターの仕事内容

ベビーシッターの仕事内容は、保護者に代わって子供のお世話をすることです。

ベビーシッターとは、個人宅とか民間の託児所などで12歳くらいまでの子供のお世話をする人のことをいいます。企業とかイベント会場などで保育を行うこともあります。


仕事をするには、たいてい派遣会社に登録することになります。


ほとんどの人が正社員ではなく、アルバイトとかパートとして勤務をしています。中には、独立開業して自分で事業としている人もいます。

ベビーシッターの大きな役割は、仕事などなんらかの事情で子供の面倒を見ることができなくなった親の代わりに子供の面倒をみることです。

子供の面倒をみると一言でいっても内容はさまざまです。

子供と一緒に遊ぶこともそうですし、食事を作って食べさせたり、トイレをお手伝いしたりお風呂に入らせたり本を読んであげたりなどいろいろな仕事があります。

家の中で子供の身の回りのお世話をするだけではなく、保育園とか幼稚園への送迎を依頼されることもあります。ベビーシッターの仕事は、お客様からの依頼によって大きく変わってきます。



ベビーシッターというと乳児を対象にするお仕事なのかなと思う人も多いかもしれません。

でも決して乳児だけを対象にしているわけではありません。



乳児を中心に、小学生を持つ親も多く利用しています。

子供を相手にする仕事になるので、子供が好きな人には向いている仕事になります。

子供から学べることも多い仕事です。